住宅と店舗併用住宅の違い、リフォームで更なる充実と安全を

住宅知識最前線

News Information

2014/04/24
店舗工事を更新しました
2013/10/15
店舗併用住宅を更新しました
2014/02/25
店舗デザインを更新しました
2013/10/15
リフォームを更新しました

住宅

syurui

住宅とは、家族生活の拠点となるものをさすことが多いといわれています。
原始時代では、建築の種類は住宅だけであったのですが、生活が複雑化するにあたり、住宅以外にも豊富な種類が誕生しました。
その種類としては、古代の倉庫、宗教建築から近代の学校、病院、宿泊・娯楽施設などがあります。
これらは、本来建築物として存在していた住宅が進化し、近代求められる機能を満たしたものなのです。

充実

住宅とは生活の器であると、昔から言われてきました。
住宅の本質は、睡眠をとる、食事をとるといった行為の受け皿とされているのです。
床や天井、壁などの目にみえる構成要素の集合体はさほど重要とはいえません。

ハウスメーカーなどで販売されている家は、個性がそこまで強くはありません。
同じようなデザインに、同じような間取り、これが定番で活用しやすいといわれているからでもあります。
しかし、人によって生活内容はそれぞれ違っているもので、その内容に応じたものを選択しないといけないものです。

そのため、家の外観ではなく内容を充実させるといった家電等の収集に意識を高くしている方が多いのです。

種類

tenpo

住居には、一戸建て、マンション、アパートといった種類があります。
この種類には規定などがなく、イメージのもちやすさによって呼ばれているものなのです。

マンションの場合、不動産の表示は鉄骨、鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート造の建物を基準としています。
アパートの場合、木造や軽量鉄骨造の建物(二階建てまで)をさします。

規定はありませんが、マンションとアパートの違いは名称であるといわれています。
しいていうならば、マンションの場合は三階建て以上の木造以外の建物であるといえるのです。

マンションの方が高級感があり、家賃も高くなってしまうイメージが強いものです。
しかし、このイメージは異なっていて構造が異なることで家賃の差はほとんど開きません。
築年数によっても、住宅を手に入れる際の金銭的な負担とは大きくなってしまうものです。

一戸建ての場合、リフォームの必要性が築年数により高まります。
安全な家とは、定期的に耐震等を維持することができるリフォームを取り入れていかなければいけないのです。